スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
父の日だったこと
6月18日は父の日でした。
母の日よりも影の薄そうなこの日。
俺は毎年ちゃんと感謝メールしてますよ☆

梅雨の晴れ間というべきか、すごい良い天気で
ずっと見たかった「花よりもなほ」という映画を見た。

簡潔に言えば「仇討ち」の話なんだけど
しっかり楽しめるエンターテイメントな良い映画だった。
父と子の絆みたいなことが描かれてて
父の日ということもあいまって色々考えさせれた。

劇中、主役の岡田君が
(ネタバレっぽいけど、まぁCMでも言ってたからいいよね?)

「剣術以外にも父から教わったことがありました。」

って言うシーンがあって
なんだかすごいジ~ンときた。

俺は親父から何を教わったんだろう?
小さい頃は、野球とかサッカーとか、一緒に色々やったけど
現在に至るまで本格的に続けてることは無い。

親父は俺に建築関係の道に進んで欲しかったらしいが
全く無関係の外大に進学してる。

そーいや、親父は囲碁が結構強いらしいが
俺に教えようとしたことは無い。

う~ん、なんだろ?
強いて言えばゴルフか?

小さい頃から良く打ちっぱなしに連れてかれた。
おかんは俺が退屈してんじゃないかって言ってたけど
ドライバーでかっ飛ばす親父の背中を見てるのは嫌いじゃなかった。
たまーに俺にも打たせてくれたしね。

あれは確か3年位前。
夏休みで沖縄に帰った時、久々に親父と打ちっぱなしに行きました。
昔みたいに親父を眺めてたら、ふとタバコが吸いたくなった。
しかし。ポケットを探るとどーやら忘れてきた模様。

そん時俺は既に成人しててさ
タバコ吸ったって別に怒られるわけでも無いんだけど
なんかまだおおっぴらに親の前では吸えなかったのよ。

どーしよっかなーって思ってると
親父が休憩してタバコを吸い始めた
お、こりゃチャンスだと思って

「親父、1本ちょうだい。」

と言うと

「何言ってんだ、全く!」

って言いながら俺にタバコを差し出してくれた親父。

なんかよく分かんないだろうけど、ちょっと感動しちゃってさ
あん時のパーラメントは本当にうまかったなー。

よく考えると、親父は今まで俺の将来に対して
あれこれ指図することは無かった。
それは決して無関心なわけじゃなくて
俺を信じてくれてたんだと思う。
寄り道ばっかで毎度心配かけてるけど
少しずつ恩返ししていければなっていつも思ってる。

最近は自分でも親父に似てきたなと思うことが多い。
しゃべり方とか仕草とか。
特に調子に乗ってくだらない事を言うときの口ぶりなんかそっくり。
やっぱり受け継いでるものはあるんだね。
少し昔だったら、嫌でしょうがなかったと思うけど
今は少しだけ誇らしく思えたりもする。
なんだかんだ尊敬してるんか?

いやはや、なんか今回はやけにクサイ日記になっちゃった。
これ、親父が読んだらちょっとは感動して泣いたりするかな・・・

う~ん、泣かねーだろーな。
多分、軽く鼻で笑ってタバコに火を点けると思う。

そんぐらいで調度良い。
それでこそ俺の親父だと思う。







スポンサーサイト
2006-06-20 04:43 | 我、想ふ | Comment(0) | Trackback(0)
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。