スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
むにゃむにゃ
ず~~~っと放置してたのにまだ生きてた、このブログ。

ふと思い出しちゃった。俺は昔どんな事を考えていたかを確認。

結果、特に大した事ねぇ・・・。

ふにゃ~、むにゃむにゃしちゃう☆

最後にここを更新したのが約11か月前。
あれから色んな変化が起きた。
仕事も、住む場所も、会う人も変わってきた。

大事な事に気付かずに、失ってしまったこともある。
でも、まぁ人間生きてりゃなんとかなるし、良い事もあるでしょー。

なんだっけ、ちょっと前にやってたCMで、リップスライムの曲で菅野美穂がでてたやつ。
あのCMで、菅野美穂が言ってた
「ひと月前は何に悩んでた?じゃあ半年前は?・・・悩みなんてそんなもの」
そのセリフがジ~ンときた。

そういえば今までもそんな感じだったし。
まぁ~ゆっくりのんびりいきましょ☆
2008-04-29 23:26 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
ワールドエンドスーパーノヴァ
巷では「パイレーツオブカリビアン」が公開され、
大変な人気を博しているようですな。

副題が「ワールドエンド」
「世界の終わり」ですな。恐ろしや恐ろしや。

私としては、「ワールドエンド」と聞くと、その後ろに
「スーパーノヴァ」と付けたくなりなります。

「世界の終わりの超新星」

まぁ知ってる人は知っている。。そんな感じであります。
2007-05-27 22:50 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
本気出して思ったことをいっぱい。
やんやん。久々の更新。今日はいっぱい書く!!最初で言ったからにはいっぱい書く!

夏休みに入って、バイトか遊ぶかの生活に入った。
ほんとは卒論やらいろいろ「やるべきこと」はあるんだがとりあえず今はいい。

そう、今はいい。なんか色んなことをじっくり考えたりしておる。
もうすぐ学生じゃなくなってしまうし、初めて社会人になるしぃ。

こないだね、近しい人から、「あんたは『~になりたい』ってばっか言ってる。」
てなことを言われました。ほーう、なるほど。と思った。
甲子園を見ては、「高校球児になりたい」とか
映画を見ては「役者になりたい」とかとか
まーね、そりゃ無理だってもんだ。夢ばっか言っててしょーもない。
しかしだ、これは良いことだろうよ?
憧れることがいっぱいあってオレは幸せ。
幼き頃から想像力には自信があった。
眠れない時とか朝までずーっと空想を膨らましてたりしてた。
それを本にしたらなかなかのもんになるんじゃないか?
とか思ったり。あー、作家もいーなー。

こうやって、ブログやらmixiやらが流行ってさ、
世の人々は文章に関心を持つようになった。
頭の中ではうまく整理されてても、実際に人に読ませるのは難しい。
いつか、脳と脳で通信できるようになればいーかな。
あ、いや、それはそれでつまんないか。分かんないからこそ素敵なこともある。
うん、あるある。
よく、日本人はあいまいを良しとする民族って言われるけど、
それって最高。だってあいまいってことは相手に判断を委ねるってことだろ?
そいつは決して易しいことじゃないけど、逆に優しい感じ。
分かるか?このニュアンス??易しさ、優しさ・・・。
分かんなくてあたり前ー。俺が勝手に思ってることー。

今日も明日も俺は人々のあいまいさを勝手に想像で判断します。
最終的にはこの世に嫌なヤツはいなくなる。
ほんとにムカツク人々の事は忘れちゃう。

うむ、オレなりに成長しているな!



2006-08-20 02:05 | 我、想ふ | Comment(0) | Trackback(0)
そうそう、それそれ
はっはー。最近mixiばっかでこっち全然更新してないや。
なんとなく不完全燃焼な感じの今日は、無駄に日記でもつけましょう。
きっと長くなります。悪しからず。。。

あ!!!

っというまに7月です。今年も半分が過ぎたとさ。
苦手な6月も難なくクリアで、まぁ下半期もがんばろーっと。

最近気づいたことを幾つか。

ちょっと暑いほうが良く眠れること。
というより、正しくはダラダラと寝てしまうことやな。
就活中のあの規則正しい生活が嘘のよう。
せめて10時までには起きるべきだと
ワールドカップの影響がデカイけどねぇ。

MP3プレーヤーでほとんど同じ曲しか聴いてないこと。
俺の持ってるヤツは6ギガで1,200曲くらい入っとる。
が、結局「くるり」とか「リップ」とか「スパカ」ばっか聴いてます。
たまに全曲ランダムで流してると初めて聴くようなのもいっぱい。
それはそれでいっかー。

ちょっと話を音楽のほうへ。

俺は今までかなりの音楽を聴いてきたと思う。
それで自分の気持ちを整理したり、新たな感情に気づいたり。
高校生の時が1番貪欲に音楽をむさぼってた。
バイトの給料日、1万円分と決めてジャケ買いした日々、あぁなつかし。

その頃気づいたのは、
「俺の好きな音楽=売れてる音楽」
って公式が必ず当てはまるわけじゃないってこと。
オリコン上位の曲に何の魅力も感じず、
マイナーだったりインディーズの曲を好んで聴いてた。
それはただ、みんなと同じ曲を聴くのが嫌だとか
あんまり知られてない曲を知っている優越感を求めていたのかも。

そんな時代を過ぎて、気に入ったアーティストに絞るようになった。
そのアーティストの曲全てが心を打つ訳ではないが、確立は高い。
こうやって自分に合う音楽をこの先も探してくんでしょう。

数え切れない程の音楽がこの世に存在してて、
そのなかに自分の心を動かす運命的なものがあるとして
それを知らずに死んでいくのはあまりにも悲しい。
それは音楽に限ったことじゃなくて
映画だったり本だったり、人との出会いにも言えること。
これからも貪欲に追い求め続けたいものです。








2006-07-04 02:20 | 音楽と人 | Comment(0) | Trackback(0)
父の日だったこと
6月18日は父の日でした。
母の日よりも影の薄そうなこの日。
俺は毎年ちゃんと感謝メールしてますよ☆

梅雨の晴れ間というべきか、すごい良い天気で
ずっと見たかった「花よりもなほ」という映画を見た。

簡潔に言えば「仇討ち」の話なんだけど
しっかり楽しめるエンターテイメントな良い映画だった。
父と子の絆みたいなことが描かれてて
父の日ということもあいまって色々考えさせれた。

劇中、主役の岡田君が
(ネタバレっぽいけど、まぁCMでも言ってたからいいよね?)

「剣術以外にも父から教わったことがありました。」

って言うシーンがあって
なんだかすごいジ~ンときた。

俺は親父から何を教わったんだろう?
小さい頃は、野球とかサッカーとか、一緒に色々やったけど
現在に至るまで本格的に続けてることは無い。

親父は俺に建築関係の道に進んで欲しかったらしいが
全く無関係の外大に進学してる。

そーいや、親父は囲碁が結構強いらしいが
俺に教えようとしたことは無い。

う~ん、なんだろ?
強いて言えばゴルフか?

小さい頃から良く打ちっぱなしに連れてかれた。
おかんは俺が退屈してんじゃないかって言ってたけど
ドライバーでかっ飛ばす親父の背中を見てるのは嫌いじゃなかった。
たまーに俺にも打たせてくれたしね。

あれは確か3年位前。
夏休みで沖縄に帰った時、久々に親父と打ちっぱなしに行きました。
昔みたいに親父を眺めてたら、ふとタバコが吸いたくなった。
しかし。ポケットを探るとどーやら忘れてきた模様。

そん時俺は既に成人しててさ
タバコ吸ったって別に怒られるわけでも無いんだけど
なんかまだおおっぴらに親の前では吸えなかったのよ。

どーしよっかなーって思ってると
親父が休憩してタバコを吸い始めた
お、こりゃチャンスだと思って

「親父、1本ちょうだい。」

と言うと

「何言ってんだ、全く!」

って言いながら俺にタバコを差し出してくれた親父。

なんかよく分かんないだろうけど、ちょっと感動しちゃってさ
あん時のパーラメントは本当にうまかったなー。

よく考えると、親父は今まで俺の将来に対して
あれこれ指図することは無かった。
それは決して無関心なわけじゃなくて
俺を信じてくれてたんだと思う。
寄り道ばっかで毎度心配かけてるけど
少しずつ恩返ししていければなっていつも思ってる。

最近は自分でも親父に似てきたなと思うことが多い。
しゃべり方とか仕草とか。
特に調子に乗ってくだらない事を言うときの口ぶりなんかそっくり。
やっぱり受け継いでるものはあるんだね。
少し昔だったら、嫌でしょうがなかったと思うけど
今は少しだけ誇らしく思えたりもする。
なんだかんだ尊敬してるんか?

いやはや、なんか今回はやけにクサイ日記になっちゃった。
これ、親父が読んだらちょっとは感動して泣いたりするかな・・・

う~ん、泣かねーだろーな。
多分、軽く鼻で笑ってタバコに火を点けると思う。

そんぐらいで調度良い。
それでこそ俺の親父だと思う。







2006-06-20 04:43 | 我、想ふ | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev | Next>
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。